禁酒した友人が、不健康キャラから健康キャラに大変身

私の友人が禁酒に踏み切りました。友人の間でも職場関係者の間でも、かなりの酒豪で有名な人です。飲み会で、ベロベロになるのも通常運転です。
でも、この友人は実は痛風持ちです。通院はきちんとしているし薬も飲んでいるから大丈夫だってぇ〜。という具合なんですよね。
あまりお節介するのもって思うから、なんだかんだ言いませんが、ちょっとやっぱり友人なだけに心配になるのも正直なとこです。

 

痛風だけど、今は落ち着いているから大丈夫だって!といって、ビールと焼酎とウイスキーが定番コースです。友人の間の飲み会でも飲みます。
そもそも、痛風の友人を飲み会に誘う他の友人もどうかと思うこともあるんですが。
そういえば、この友人は、ワインも飲みます。

 

こういう調子の生活を送っていたら、突然、足に激痛が襲ってきたとかで歩くのが困難になって、すっかり萎えて禁酒に入ったとメールがきました。
それから、家族のすすめで脂肪燃焼スープダイエットも始めることにした、とか言っていました。
なあに、それ?と聞くと、確実に実行すれば7日間で、別人なみに変身できるダイエットとか言っていまいた。

 

知らなかったので眉唾で聞いていましたが、10日前に会ったときとは、まるで別人でした。
人間、スタイルが良くなっただけで、こんなにも変わるもんなんだ、というのが正直な感想でしたね。

 

脂肪燃焼スープダイエットに入る前は、数日間助走をつけるために、禁酒もしていたとか言っていました。
禁酒していたころにも、電話で話していましたが、なんかいつもよりイライラがないというか、いつもは電話中にタバコも吸っている様子があったのに、禁酒している頃の電話は、タバコすら吸っていない様子。

 

タバコやめたの?と聞いたら、禁酒したらタバコの欲求もなくなったんだよ、と言っていました。
友人は、足裏の激痛で歩くことが少し困難になるほどの痛みを経験したことが、精神的にもよっぽどショックだったと言っていました。
定期健診や健康診断で、長年のお酒の飲み過ぎからきてしまった病気の予兆もほかにも見つかったこともショックだったって言っていましたね。

 

ひとまず言えるのは、禁酒してからは、まるで性格も別人になったこと。
穏やかになり、イライラキャラもなくなって友人らしい毒吐きキャラもなくなり、どうしたんだ?という感じです。

 

目に見える一番の大きな変化は、後ろ姿も別人なほど、スタイルが良くなったから服装のセンスも変わって、何から何まで変身した感じです。
禁酒すると、見た目も性格も良い方に人が変わるというのを友人を通して見た、衝撃的な体験でした。

 

不健康キャラでもあったこの友人、痛風が落ち着いて薬を飲んでいないときは、なんとサプリ生活まで始めたそうです。
サプリと友人のキャラが一致しないので、禁酒は人を健康志向にも持って行かせる効果があるのかなあなんて見ていました。